愛されて育つ

ふぁみりーさぽーと のあは、キリスト教の精神にそった保育を心がけています。

子どもは愛されている実感を持つことにより、人に対する愛着や信頼が芽生え、思いやりが育ちます。人の中で安心して生きるということは、ひとりひとりを大切にするということに結びついています。そしてそれは同時に、自分の周りに対する関心や社会性の発達を促すものであると思います。
人は、神様に特別に愛され、神様の目にはかけがえのない存在であり、神様の宝物として生まれてきていることが聖書で約束されています。ふぁみりーさぽーと のあは、「神の言葉と、神の愛と、祈りにより育まれる」を基本にしています。そして子ども達ひとりひとりが大切な存在として、神と人とに愛されて育つようにと願っています。

「わたしの目にはあなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」イザヤ書43章4節

子育て支援

どなたでも、親子で参加ください

  • 育児講座(春・冬)
  • 園庭開放(毎週火曜日)

主な年間行事

  • 4月 入園・進級式
  • 5月 親子遠足
  • 6月 のあフェスティバル
  • 9月 トムソーヤの日
  • 10月 収穫感謝&焼き芋
  • 12月 のあくりすます
  • 3月 卒園式


“ 一番すぐれているのは愛です。”

聖書